家族が増えた方など、様々なタイミングで一軒家を建てたいと思う方は多いと思います。家には大きく分け3種類あります。木でできている木造か、鉄か、コンクリートと鉄でできているかです。日本では古来木でできている家屋が多い事から、日本の気候に木造住宅が合っていることは言うまでもありません。現在の日本でも木造住宅が最も多いです。木造住宅、と一言で言っても、その工法はいくつかあります。まず在来工法(木造軸組工法)です。日本では最も主な工法で約80%がこの方法で建てられています。次にツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)です。北米では一番主流の工法で、90%以上がこの工法で建てられています。最後にログハウスです。木のみが材料のため、日本でも世界でも古くから建てられています。このような種類のある木造住宅ですが、こちらでは埼玉で木造住宅を建てる場合に知っておきたい事、そしてその費用をご説明したいと思います。

埼玉で建てられる木造住宅の種類それぞれの特徴は?

木造住宅それぞれの特徴を見ていきましょう。まず最も多く建てられている在来工法(木造軸組工法)は構造指針があいまいなので、大工と工務店の熟練の良し悪しに左右されやすい所があります。結合部の施工が悪いと、将来きしみや傾きなどが表面化してきます。外壁材料はどの様なものでも可能なので、とても自由度が高く、屋根の形状も自由にできます。レイアウトの自由度も高く、将来の増改築も容易です。ツーバイフォー工法(木造枠組壁工法)の最大の特徴は、在来工法と比べて、 1・5~2倍程度の耐震性がある事です。構造体が壁なので、増改築などは、在来工法よりも自由度が少ないです。ログハウスは木のみで建てられるため、主に短期間のバカンス用住宅です。自由度はなく増改築も難しいです。埼玉で木材住宅を建てようと考えている方は、外観に重点を当てたいのか、リフォームなども見越すのか、などその家庭でよく考えて工法を選ぶと良いでしょう。

埼玉での木造住宅を建てる時の費用はどのくらいなのでしょうか

埼玉で木造住宅を建てようと思った時に、もちろんどんな家にしようと夢を膨らませることは良いのですが、考えなければならない事はその費用です。大まかな費用がわかる計算法は、本体工事費=埼玉県の平均坪単価×述床面積(坪)、別途工事費=総費用×20%、諸費用=総費用×10%、総費用=本体工事費÷70%となり、これらの合計が木造住宅を建てる際にかかる費用となります。もちろん広くて素敵な家を建てたいというのは誰しもが思う事ですが、上を見ればきりがありません。まずは予算を決め、その予算内で建てられるかどうかという事が重要です。そのためにはより多くの木造建築会社に希望のプランや予算を伝え見積もりや提案書を依頼する事です。現在ではインターネットから複数の会社から一括で見積もりなどを取る事ができるサイトなどもありますので、上手に活用すると良いでしょう。