昔から日本の戸建住宅で圧倒的に多いのは、木造住宅となります。その要因は、木材が天候や温度及び湿度に適応し易いと共に山林から良質な木材が手に入り易い環境が考えられます。埼玉でも同様に県西部方面は、良質な木材産地として有名です。埼玉で木造住宅の建築を検討する場合、まず重要なことは、地域に密着した地元建築業者を選定することです。地元の土地や天候を熟知し、最適な施工方法で木造住宅を作り上げてくれます。また、県内の木造住宅メーカーが開催する展示会やモデルハウス内覧会等に積極的に出向き、工法や使用木材の確認や間取り及び内装インテリア等を体感し、メーカー施工業者の比較検討を行います。更に、掘下げてメーカー研究を行う方法として、建築現場の視察が考えられます。現場の建築大工や施工管理等の仕事を確かめ、品質を検証、施工先選定の最終判断の材料とします。

埼玉で木造住宅を建築する時、事前に施工の仕組みを掌握する

生涯の棲家となる大切な住宅を施工する際、施工の概要、流れを知り、それぞれの工程で誰が関り、誰が施工するのか掌握しておく必要があります。大手住宅メーカーでは、営業担当が窓口となり、工程毎の施工業者とのパイプ役として施主の意向等を伝達しています。しかしながら、営業担当に依存し過ぎると取り返しのつかない事態となる場合があります。埼玉で失敗しない木造住宅の建築のためには、設計から施工まで計画を正しく知り、施主としての役割を果たすことがポイントとなります。多くの住宅メーカーでは、設計や施工管理を自社で行うものの現場の建築施工は下請契約の施工業者となります。当然、元請と下請の関係から利益構造が発生、場合によっては品質の低い住宅となる可能性があり注意が必要です。事前に住宅メーカーがどのような考え方で施工業者を選定しているのかを知り、適正な施工を要望します。

埼玉で木造住宅を建築する際のメリット

木造住宅のメリットとして考えられる点は、一般的に鉄骨、鉄筋コンクリート構造の住宅より、木造住宅の方が材料費は抑制され、工夫ある施工によりローコスト住宅が実現できます。住宅寿命の観点では、経年劣化に対し適切なメンテナンスを実施すれば耐用年数は延びます。事実、50年以上経過した古民家や歴史建築物は木造であり、今も多く存在しています。また埼玉では、県産木材を使用した住宅に木材使用量に応じて助成する制度があります。この制度は、埼玉の木づかい二酸化炭素貯蔵量認証制度として創設され、埼玉の木材利用促進と環境にやさしい地球温暖化対策を狙いとしています。最後に、従来デメリットとして受止められていた災害による被害ダメージですが、現在の木造住宅は強度が高く、地震にも十分耐えられる仕様となっています。

北辰工務店の大工さんは公的機関からも評価をいただいていおり、技術に信頼があります。高精度の構造計算で、オーバースペックすることなく、販売価格が無駄に高くなることはありません。ポラスの自由設計なら、数多くの収納アイデアで大容量の収納も叶います。ポラスプランニングキューブ「暮し発見舘」は千葉県松戸市にございます。ウッドスクエアの2F部分が北辰工務店のショールームとなっております。埼玉でこだわりの木造住宅なら「北辰工務店」